女子大学生、はじめてみた。

暇を持て余す文系私大1年生が、充実した大学生活を考えるブログです。

【大学受験】〜受験生の7月の国語の勉強法〜【勉強時間】

こんにちは!女子大生ブロガーのちゃん(@chanchan_ce)です。

 

今日は勉強について書いていきたいと思います。

 

f:id:chanchance:20180712121958j:plain

 

私がこのブログを始めたのも、「自分の大学受験の経験を形にして残したい」という気持ちがあったっていうのがキッカケの一つなんですよね。

 

私が大学受験を本格的に決めたのは高校3年の5月くらいです。

結構遅いな、って思った方もいるかもしれません。

 

私の高校は、大学受験をする人が学年の15パーセントくらいしかいなかったんです。全然進学校じゃないし。

東進とか河合塾の模試の情報も、学校では全く教えてくれないレベルでした。

 

私が大学受験を決めた理由は、またどこかでお話ししたいと思います。

 

さて!今日は受験生の7月の過ごし方について書いていきたいと思います。

私もついこないだまで受験生だったので参考になれば嬉しいです!!!

 

 

1.7月のスタートダッシュが肝心!

思うんですよ。

7月の受験勉強ってめっちゃくちゃ大事だって!!!

 

よく言われてるじゃないですか。

「夏を制するものは受験を制す」だとか

「夏休みは受験の天王山」とか。

 

7月はその大切な夏休みが始まる月なんですね。

 

7月の後半から8月の終わりくらいまで、1ヶ月ちょっとある夏休みですが

夏休みの中でも7月中に力を入れて勉強することをお勧めします!

 

というのも、1ヶ月くらい休みがあると

いくら受験生の夏だから勉強しよう、と思っても

8月の後半ダレてきちゃうんですよね・・・。

 

夏休み入りたての7月は

「よし!夏休みだから勉強頑張ろう!!!」と、一番気合を入れやすいんです。

 

というわけで、その気合を利用して

受験生は夏休み最初にスタートダッシュを決めてほしいです!

 

2.私、ちゃんの勉強時間

それでは次に、受験生だった去年の私の勉強時間をお見せしようと思います。

 

私はスタディプラスというアプリを使って、勉強時間を記録していました。

その記録画面を載せます!

f:id:chanchance:20180712113539p:plain

 

7月の週ごとの勉強時間のグラフです。

 

7月の合計勉強時間は、186時間33分でした!!!

 

1日あたりの平均勉強時間は約6時間。

でも、上のグラフを見て貰えばわかるように、夏休みに入った7月の後半の週に

勉強時間がぐーっと伸びています!

 

3.7月はどんな勉強をすべきか??

ここまで、勉強時間にフォーカスしてお話ししてきましたが

やっぱり大学受験の勉強で大事なのは、

「何時間やるか」よりも「何をやるか」なんですよね。

 

いくら十何時間勉強したとしても、そこの分野がそもそも自分の志望校では出ていなかったり、自分がもう十分できている所だったりしたら

やる意味がありません。

 

人によって勉強の進度は違うので

受験生の7月に、どこまで自分が身につけているのか、どこが苦手分野なのかということを

自分で分析することが大切だと思います!

 

参考までに、私の去年の7月の勉強内容をご紹介します。

 

4.受験生7月の勉強内容〜国語編〜

まずは、私が7月にやっていた国語の勉強を紹介します。

こちらもまた、スタディプラスの記録をもとにいきますよ〜

(このアプリ、教材名も登録するから何をどれだけやったか一目瞭然!)

 

⑴実践チャレンジ

私は国語が苦手だったので、進研ゼミを国語だけピンポイントで受講していました。

国語ってどうしても独学じゃ勉強しにくいじゃないですか。

 

進研ゼミの教材、実践チャレンジでは

漢字の読み書きもそうだし、古文漢文の基本文法から

志望大学のレベル別に沿った過去の入試問題の演習ができて

とても国語の勉強に役立ちました!!

 

7月は実践チャレンジを13時間やりました。まあ1ヶ月分をコツコツやっていくイメージですね。

 

一教科だけだったら5000円代で始められるので、自分の苦手な教科だけ演習用に始めるのは結構オススメだったりします。

 

 ⑵漢文ヤマのヤマ パワーアップ版

 私は高校でほぼ漢文の文法を勉強していなかったので、7月はとにかく漢文の文法をインプットしました。

それに使ったのがこの本です。

 

漢文ヤマのヤマ パワーアップ版 (大学受験超基礎シリーズ)
 

 

いろんなサイトでオススメされていたので購入したのですが

本当に良かったです、オススメ。

 

大事な句法が66個まとめられているのですが、見開きで一つの句法になっているので

今日は1〜5、明日は5〜10と区切りもつけやすいし

演習問題もついているのでアウトプットもできるという・・・。

 

漢文の句法・用法はほぼこの本1冊で大丈夫だと思います!

 

これも7月に13時間やりました。

 

3.古文上達基礎編

お次は古文。

古文の文法事項はだいたい学校の定期テストの勉強で頭に入っていたものの

いざ古文を読もうとすると全然読めない・・・。という壁にぶち当たっていました。

 

圧倒的に古文を読む量が足りないな、と思ってこの本を使いました。

 

古文上達 基礎編 読解と演習45

古文上達 基礎編 読解と演習45

 

 

基礎編だけあって、本当に全然古文が読めない状況でもなんとか読めるくらいの

ちょうどいいレベルの問題が揃っていました。

 

7月の後半から取り組んで、こちらは3時間くらい学習。

 

4.漢文早覚え即答法

ヤマのヤマを終わらせた後ちょびっとだけやりました。

こちらは1時間半程度しかやっていないですね・・・。

 

 

ヤマのヤマよりは少しレベルが上がった感じがしました。

 

でも、同じ句法でも違った側面からのアプローチをしていたりするので

2冊以上の参考書を見てみるというのも結構アリだと思います。

 

国語はこの4冊でした!!

 

まとめ

本日からスタートしたこのシリーズ、まずは国語編でした!

7月はまだまだインプット7割、演習3割くらいでやっていましたね。

 

夏休みにセンター演習を少しやるとして、それが始まる前の7月までには

古文漢文のセンターレベルの句法はおさえておけると良いかな〜と思います。

 

次は日本史編を紹介します!

最後まで読んでくださってありがとうございました♪