女子大学生、はじめてみた。

暇を持て余す文系私大1年生が、充実した大学生活を考えるブログです。

「忙しい」が口癖の人必見!〜大学1年生が考える時間術〜

こんにちは!女子大生ブロガーのちゃん(@chanchan_ce)です。

 

大学1年生、ついに最初の学期末が近づいてきました。

・・・ということは、大学に入って初めての期末試験期末レポートです。

 

大学生、授業自体は高校よりもだいぶ減ったのですが

サークルだったり、バイトだったり、課題(重め)だったりで

なんだかんだ忙しいんですよね。

 

私もあっという間に大学入って3ヶ月経っちゃいました。

 

そろそろテストの勉強やレポートに取り掛からないとなー。って思ってます。

 

今日は、大学1年生の私が実践している時間を生み出す方法・効率よく時間を使う方法を紹介していきたいと思います。

 

時間の使い方を考えるようになったワケ

まずは私の話をさせてください。

私が、時間の使い方について考えるようになったのは中学1年生の時です。

週3〜4回、多い時は毎日あるようなガチ部活に入っていたので、放課後テスト勉強をする時間がなかなか取れませんでした。

テスト前でもおかまいなしに、部活があったんです。

 

自分が部活をやっている間、他の子はテスト勉強してるんだろうな・・・という焦りももちろんありました。

でも、部活にたくさん時間を使って勉強時間は他の子よりも少ないのに

テストでいい順位に入れたらカッコいいな、という安直な考えで

 

どうやったら少ない時間で最大限の学習ができるか、というのを

中1の時からよく考えていたんです。

 

「時間術」の本もたくさん読んでました。

 

結局、部活を中1から中3まで続けつつ

学校の定期テストでは常に3位以内にランクインできました。

これが自分の時間の使い方や勉強法の自信になりましたね〜。

 

前置きが長くなりましたが

それでは、私がしている

「時間を作り出す方法」

「時間を大切にする方法」を紹介します!

 

 

1.やるべきこととそれにかかる時間を書き出す

テスト前になったら、テストに向けてやるべきこと(提出物・演習など自分が必要な勉強)を紙に書き出します。

 

その隣に、それをやるのに自分がどのくらいの時間必要かを見積もって書いておくんです。

これは大体授業中にやってますね。

 

Todoリストの例

・英語のワーク(2.5h)

・日本史プリント1周(40m)

・単語書き出す(30m)

 

それにかかる時間も書いておくことで、どのくらいで終わるのかの見通しがつきやすく、予定も立てやすくなるんです!

 

この時間は、できるだけ自分ができるかできないかギリギリくらいの長さを設定するのがポイントです。

 

2.早起きをする

私の場合は、部活で放課後の時間をほぼ取られていました。

家に帰るのはもう22時近くで、そこから勉強をするのはなかなか厳しく。

(眠い中やっても全然頭に入らなくて非効率なので。)

 

そんな中、どこで時間を捻出するか考えたところ

ごく自然に、っていうのを思い浮かべました。

 

朝の時間は、めったに予定が入りにくいんです。

なので学校に行く前の時間を勉強時間に充てていました。

 

朝は連絡とかも入ってきにくいので、LINEに惑わされたりする心配もなし!

しかも、朝家で勉強することで1時間目からちゃんと頭が回転するので

授業の身につき方も変わりました。

 

朝やるのは、数学や理科の演習など

頭を使う、計算系の分野でした。

 

朝から頭を回転させると、不思議と1日スッキリした気持ちでいられるんですよね。

早起き、辛いと思うことも多いと思うんですけど

ぜひお試しあれ。

 

3.スキマ時間を無駄にしない!!

三つ目の時間術は、隙間時間を無駄にしないことです。

これが一番大事かもしれない。

 

がっつりまとめて数時間、という勉強時間が取れない代わりに

ちょっとした隙間時間っていうのが本当に大事なんです!!!!

 

5分あったらプリントを見返す、15分あったら試験範囲のプリントを1周丸っと読み返してみる、と

自分の中で、「○○分の隙間時間はこれをやる!」と決めておくと

時間を節約して、勉強時間を増やすことができます。

 

まとめ

今日は私が中学1年生の時からやっていた、時間を生み出し活用する方法を紹介してみました!

今日は七夕でしたね。なんかお願いしましたか?

 

このブログと一緒にもっともっと成長できますように☆

 

最後まで読んでくださってありがとうございました!

読者数がもうすぐ100人です〜!嬉しすぎます!

よかったら読者登録お願いします。

 

それではまた明日♪

ちゃんでした!